コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀屋十次郎(初代) かめや じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀屋十次郎(初代) かめや-じゅうじろう

?-1738 江戸時代中期の歌舞伎役者。
京都の芝居名代(なだい)亀屋粂之丞(くめのじょう)(3代)の子。初代中村新五郎の世話で役者となる。享保(きょうほう)14-元文2年(1729-37)京都万太夫座,江戸中村座などで活躍。和事(わごと)や物真似を得意とした。元文3年死去。京都出身。前名は亀谷十次郎。俳名は下竜,卜竜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

亀屋十次郎(初代)の関連キーワード松前広長ボルテール静岡市中心商店街の総通行量安積澹泊井沢弥惣兵衛井上通上島鬼貫大薩摩節オヤングレン加舎白雄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android