コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀屋十次郎(初代) かめや じゅうじろう

1件 の用語解説(亀屋十次郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀屋十次郎(初代) かめや-じゅうじろう

?-1738 江戸時代中期の歌舞伎役者。
京都の芝居名代(なだい)亀屋粂之丞(くめのじょう)(3代)の子。初代中村新五郎の世話で役者となる。享保(きょうほう)14-元文2年(1729-37)京都万太夫座,江戸中村座などで活躍。和事(わごと)や物真似を得意とした。元文3年死去。京都出身。前名は亀谷十次郎。俳名は下竜,卜竜。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀屋十次郎(初代)の関連キーワード松前広長静岡市中心商店街の総通行量井上通加舎白雄章学誠ジョージ銅座難波土産ハーシェル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone