亀山八幡宮(長崎県)(読み)かめやまはちまんぐう

  • 亀山八幡宮
  • 長崎県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎県佐世保(させぼ)市八幡町に鎮座。応神(おうじん)天皇、仲哀(ちゅうあい)天皇、神功(じんぐう)皇后、仁徳(にんとく)天皇、保食神(うけもちのかみ)を祀(まつ)る。旧平戸(ひらど)藩主松浦(まつら)家の旧記によれば、天武(てんむ)天皇の白鳳(はくほう)4年(675)8月15日、赤崎岳に宇佐八幡の神霊が西海鎮護のために顕(あらわ)れるという神託があったので、宇佐八幡宮に詣(もう)で分霊を奉斎したのが当社の創建という。1932年(昭和7)12月、県社に列した。60年(昭和35)6月、亀山八幡神社を亀山八幡宮と改称。秋祭は11月1~3日。「佐世保おくんち」として有名。

[落合偉洲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android