コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予定価格の事後公表と事前公表

1件 の用語解説(予定価格の事後公表と事前公表の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

予定価格の事後公表と事前公表

発注者が事前に設定する落札額の上限となる予定価格を入札終了まで明かさないのが事後公表。入札参加業者は予定価格が分からないため、各自の力量で工事費を積算し、他社と競う。ただ、予定価格の漏洩(ろうえい)など不正も起きやすい。事前公表は、透明性を高めることが目的。だが、自ら積算せずに予定価格をもとに工事費を決めて入札に参加する業者が増え、落札額の下限に応札が集中しやすい。県は03年度から全面導入している。

(2008-09-13 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予定価格の事後公表と事前公表の関連キーワード仕様書入札一般競争入札工区入札予定価格値幅制限予定価格公共工事履行保証証券予定価格と最低制限価格落札率

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone