コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予定価格の事後公表と事前公表

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

予定価格の事後公表と事前公表

発注者が事前に設定する落札額の上限となる予定価格入札終了まで明かさないのが事後公表。入札参加業者は予定価格が分からないため、各自の力量で工事費を積算し、他社と競う。ただ、予定価格の漏洩(ろうえい)など不正も起きやすい。事前公表は、透明性を高めることが目的。だが、自ら積算せずに予定価格をもとに工事費を決めて入札に参加する業者が増え、落札額の下限応札が集中しやすい。県は03年度から全面導入している。

(2008-09-13 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android