コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事も無し こともなし

大辞林 第三版の解説

こともなし【事も無し】

何事もない。無事である。 「すべて世は-・し」 「 - ・く生き来しものを/万葉集 559
非難すべき点がない。欠点がない。 「世の常に似ず、かたちもいと-・し/宇津保 嵯峨院
容易だ。わけもない。 「竜たつを捕へたらましかば、又-・く我は害せられなまし/竹取」
平気だ。 「 - ・イ様子/ヘボン」 → こともなげ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事も無しの関連キーワードブラウニング(Robert Browning)竹下明子藤原道長ヘボン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android