コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事書き ことがき

大辞林 第三版の解説

ことがき【事書き】

「一、何々之事」と箇条書きにすること。また、その形式の文書。箇条書き。
古文書学の用語。本文の前にあってその主旨を要約して「何々事」と記した部分。
中世、寺院の衆徒などが、合議の結果を箇条書きにして上位者に提出した文書。
鎌倉・室町幕府の引付ひきつけが作成した判決草案要旨。引付勘録事書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事書きの関連キーワード引付勘録事書箇条書き衆徒

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事書きの関連情報