コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事業戦略 じぎょうせんりゃく

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

事業戦略

通常、個々の事業単位の戦略をさし、製品市場の中での競争の仕方や優位性を創出するための方策全体を意味する。市場での競争は事業の単位で成立していると考えられ、競争相手の事業と自社事業を比較して勝てそうであれば直接競争し、勝ち目がないようであれば競争を回避する方策を選択することになる。しかしながら、1つの事業をどの単位で捉えるか、あるいはどの範囲だと定義づけするかは非常に主観的であり、実態としてどの単位で競い合っているのかを把握することも難しい。そのため、詳細なデータ分析に基づく事業戦略があたるとは限らず、先見力や発想力、あるいは機転やスピード、粘り強さなどが重要性を持つ場合も出てくる。 事業戦略は、事業の基本政策を決定するまでとする主張もあるが、その基本政策を実行に移すための具体的政策までを含んでいる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

事業戦略の関連キーワード戦略的創造研究推進事業ジェイティービー(株)インキュベーション機能フューチャーセンターアクサ・グループ裁量労働制度カルフール機能別戦略太陽商会経営戦略DeNA企業診断戦略策定体制戦略纏め審査ピボット市場戦略実行戦略CSOLCC

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事業戦略の関連情報