コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二・二六事件・二二六事件(読み)にいにいろくじけん

大辞林 第三版の解説

にいにいろくじけん【二・二六事件・二二六事件】

ににろくじけん【二・二六事件・二二六事件】

陸軍皇道派青年将校が起こしたクーデター事件。1936年(昭和11)2月26日未明、首相官邸・警視庁などを千四百余名の部隊で襲撃、斎藤実内大臣・高橋是清蔵相・渡辺錠太郎教育総監らを殺害、永田町一帯を占領した。政府は翌日戒厳令を公布、29日反乱は天皇の命令で鎮圧された。これにより岡田内閣にかわった広田内閣は陸軍の要求で軍部大臣現役武官制を復活、以後、軍の内閣介入の端緒となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android