コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二俣和紙

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二俣和紙

金沢市の希少伝統産業の一つ。二俣の紙すきは約1300年前に始まったと伝えられる。1593年、前田利家が藩の御料紙すき場に指定。医王山の豊かな水に支えられ、二俣産の加賀奉書は諸国でも最上品とされた。加賀藩時代は10軒前後が代々世襲。第2次世界大戦後の紙不足の時代には100軒以上が和紙をすいた。しかし、洋紙が普及すると、次第に衰退し、今は3軒になっている。

(2006-12-01 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

二俣和紙の関連キーワード金沢市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二俣和紙の関連情報