コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二俣和紙

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二俣和紙

金沢市の希少伝統産業の一つ。二俣の紙すきは約1300年前に始まったと伝えられる。1593年、前田利家が藩の御料紙すき場に指定。医王山の豊かな水に支えられ、二俣産の加賀奉書は諸国でも最上品とされた。加賀藩時代は10軒前後が代々世襲。第2次世界大戦後の紙不足の時代には100軒以上が和紙をすいた。しかし、洋紙が普及すると、次第に衰退し、今は3軒になっている。

(2006-12-01 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二俣和紙の関連情報