コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二又トンネル爆発

1件 の用語解説(二又トンネル爆発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二又トンネル爆発

終戦直後の1945年11月12日、福岡県添田町落合にあった二又トンネルに旧陸軍が隠していた火薬を進駐軍が焼却処分しようとしたところ大爆発。山の中央が吹き飛ばされ、二つに割れた。周辺の民家も吹き飛ばされ、死者147人、負傷者149人の惨事となった。

(2010-11-12 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二又トンネル爆発の関連キーワード宇垣纒杉山元神道指令と靖国神社南京虐殺影山庄平木部達二木村照彦朽木稙綱(3)並木路子藤倉修一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone