二大連合政党制

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二大連合政党制

政党が党独自の公約を掲げる一方、政策の近い他の党と「政党連合」をつくり、共通公約や首相候補を国民に示す仕組み。有権者は、政党連合ではなく政党に投票する。比例代表制のイタリアには、得票1位の政党(連合)に約55%以上の議席が配分される「多数派優遇」という工夫がある。二大連合を成立させやすくするためだが、必ず二大連合が成立するわけではない。岡崎教授は「多数派優遇は劇薬でもあるが、民意を国政に反映させるためにも検討に値するのではないか」と話した。

(2013-07-31 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android