コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二大連合政党制

1件 の用語解説(二大連合政党制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二大連合政党制

政党が党独自の公約を掲げる一方、政策の近い他の党と「政党連合」をつくり、共通公約や首相候補を国民に示す仕組み。有権者は、政党連合ではなく政党に投票する。比例代表制イタリアには、得票1位の政党(連合)に約55%以上の議席が配分される「多数派優遇」という工夫がある。二大連合を成立させやすくするためだが、必ず二大連合が成立するわけではない。岡崎教授は「多数派優遇は劇薬でもあるが、民意を国政に反映させるためにも検討に値するのではないか」と話した。

(2013-07-31 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二大連合政党制の関連キーワードマニフェスト維新八策白旗を掲げる政綱半旗連立政権オバマ大統領の人種政策物価目標ナショナル・ポリシー《火を掲げる者》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone