コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二孝女物語

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二孝女物語

1804(文化元)年、豊後国・臼杵(現・臼杵市野津町)の農民初右衛門がツユ、トキの姉妹を残し、浄土真宗開祖・親鸞ゆかりの地を巡る旅に出た。しかし、旅の途中に青蓮寺(茨城県常陸太田市東連地町)で行き倒れに。寺の離れに住まわせてもらい、住職夫妻や村人らの世話で養生を続けた。7年後、父の消息を伝え聞いた姉妹は父を古里に連れ帰ることを決意。300里(約1200キロ)を旅し、2カ月後に父と再会。水戸藩などのはからいなどもあり、翌春、親子そろって無事に帰郷を果たした。

(2013-11-06 朝日新聞 朝刊 大分全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

二孝女物語の関連キーワード文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)奈破崙ケプロンハリスプチャーチン天竺徳兵衛

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android