二度・再(読み)ふたたび

精選版 日本国語大辞典の解説

ふた‐たび【二度・再】

〘名〙
① 同じ動作や状態の重なることをいう。再度。副詞的にも用いる。
※万葉(8C後)五・八九一「一世には二遍(ふたたび)見えぬ父母を置きてや長く吾(あ)が別れなむ」
② 順番としての第二をいう。二番目。二遍目。
※源氏(1001‐14頃)葵「ふたたひの御祓へのいそぎ、とり重ねてあるべきに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android