二座鯛(読み)にざだい

大辞林 第三版の解説

にざだい【二座鯛】

スズキ目の海魚。全長約40センチメートル。体は卵形でよく側扁する。体表は細かく密な鱗うろこでおおわれ、暗灰色。尾の付け根に数個の黒い突起があり、前の三個が目立つ。石灰藻を好んで食べる。本州中部以南の浅海の岩礁に分布。サンノジ。ゼニハゲ。クロハゲ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android