コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二弦琴・二絃琴 にげんきん

大辞林 第三版の解説

にげんきん【二弦琴・二絃琴】

日本の琴きんの一。板状の胴に張った二弦を同音高に調律し、左手で勘所を押さえつつ右手で弾き、単旋律を奏する。一弦琴をもとに最初に考案されたものは八雲琴やくもごとと呼ばれ、それをさらに改造したものに東流あずまりゆう二弦琴がある。 → 八雲琴一弦琴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二弦琴・二絃琴の関連キーワード八雲琴一弦琴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android