コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条城の本格修理

1件 の用語解説(二条城の本格修理の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二条城の本格修理

老朽化した国宝や重要文化財の建物28棟などを20年間で直す。今は唐門と築地で足場を組み、屋根の檜皮(ひわだ)をはぎ取る作業が進む。2015年度には二之丸御殿、19年度からは本丸御殿を修理する。修理の目玉は、二階廊下の復元。1626年に後水尾天皇が訪問した際に作られたとされ、1930年に解体された。部材の大半が保存され、ほぼ元通りに復元できるという。

(2012-04-01 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二条城の本格修理の関連キーワード国宝重要文化財人間国宝文化財保護法近景重要無形文化財老朽化滅失登記文化庁の重要文化財(建造物)の耐震診断の指針銘文入り刀剣類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone