コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為忠 にじょう ためただ

美術人名辞典の解説

二条為忠

南北朝時代の公卿歌人二条為藤の男、為世の孫。吉野へ行き南朝に仕えて蔵人頭参議、さらに権中納言になった。のち京都に帰り、北朝に仕え権中納言正二位に至る。南朝の『新葉集』、また『風雅集』以下の勅撰集に歌を収める。応安6年(1373)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

二条為忠の関連キーワード南北朝時代新葉和歌集

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android