二条 基弘(読み)ニジョウ モトヒロ

20世紀日本人名事典の解説

二条 基弘
ニジョウ モトヒロ

明治〜昭和期の神官,公爵 春日神社宮司;貴院議員;宮中顧問官。



生年
安政6年10月25日(1859年)

没年
昭和3(1928)年4月4日

出生地
京都府

経歴
九条尚忠の八男に生まれ、明治4年二条家を継ぐ。育英義塾英語学校、同人社などに修学し、17年公爵となり、式部寮御用掛を務める。20年英国に留学しケンブリッジ大学に学び、22年帰国。23年〜大正9年貴族院議員を務め、同年爵位を二男・厚基に譲る。一方、明治40年〜大正5年宮中顧問官を務め、12年春日神社宮司となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android