コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二段抽出法 にだんちゅうしゅつほうtwo-stage sampling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二段抽出法
にだんちゅうしゅつほう
two-stage sampling

社会調査における母集団からの標本の抽出方法の一つ。母集団が地域的に広いような場合,直接に標本を抽出せずに最初,標本の集り (クラスター) を抽出し,次に抽出されたクラスターから標本を抽出する。多段抽出法より簡単で,しかも現地作業が楽である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

二段抽出法の関連キーワード標本調査

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二段抽出法の関連情報