コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二葉葵・双葉葵 ふたばあおい

大辞林 第三版の解説

ふたばあおい【二葉葵・双葉葵】

ウマノスズクサ科の多年草。山中の木陰に生え、茎は地をはい先端に二葉をつける。葉は帯紫色の長い柄につき、ほぼ心臓形。五月頃、葉間に淡紅紫色の花を一個つける。京都賀茂神社の神紋とされ、徳川家・松平家もこれを用いた。賀茂葵。葵草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二葉葵・双葉葵の関連キーワードウマノスズクサ科多年草賀茂葵山中木陰二葉葵草

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android