コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二葉葵・双葉葵 ふたばあおい

大辞林 第三版の解説

ふたばあおい【二葉葵・双葉葵】

ウマノスズクサ科の多年草。山中の木陰に生え、茎は地をはい先端に二葉をつける。葉は帯紫色の長い柄につき、ほぼ心臓形。五月頃、葉間に淡紅紫色の花を一個つける。京都賀茂神社の神紋とされ、徳川家・松平家もこれを用いた。賀茂葵。葵草。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二葉葵・双葉葵の関連キーワードウマノスズクサ科多年草賀茂葵山中木陰二葉葵草

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android