二見 貴知雄(読み)フタミ キチオ

20世紀日本人名事典の解説

二見 貴知雄
フタミ キチオ

昭和期の銀行家 元・東京銀行頭取;元・日本銀行副総裁。



生年
明治30(1897)年2月

没年
昭和32(1957)年3月23日

出生地
京都

学歴〔年〕
東京帝国大学法律学科〔大正10年〕卒

経歴
大正10年日本銀行に入り、ロンドン代理店監督役付、京都、神戸、名古屋各支店長を経て、昭和19年考査局長、20年統制局長、23年理事、24年副総裁。29年退任後、同年8月東京銀行頭取。14年に国際決済銀行理事、戦後対フィリピン賠償会議全権委員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android