二谷 一太郎(読み)ニタニ イチタロウ

20世紀日本人名事典の解説

二谷 一太郎
ニタニ イチタロウ

大正・昭和期の農家 互助組合評議員。 アイヌ文化の伝承者。



生年
明治25(1892)年

没年
昭和43(1968)年11月14日

出生地
北海道日高支庁平取村

本名
ウパレッテ

経歴
平取村出身のアイヌ人で、農業を営む。同地方のアイヌは倭人の侵入により狩猟から農業に転換する者が多かったが、不作が続いて農民を生活難に陥れたため、大正10年に互助協会を組織。以来、その評議員としてアイヌの生活向上と権利獲得に奔走した。また、兄・国松や貝沢清太郎とともにアイヌ文化の伝承にも尽力し、二風谷アイヌ語の記録テープ作成などにも協力している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android