二部料金制(読み)にぶりょうきんせい

大辞林 第三版の解説

にぶりょうきんせい【二部料金制】

固定費を回収する料金と、変動費を回収する料金に分かれた料金制。電力料金などがその例で、基本料金と使用量料金からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android