コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重被爆

1件 の用語解説(二重被爆の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二重被爆

太平洋戦争末期の1945年8月6日に広島で、その3日後の9日には長崎で2度の被爆をした人たちがいる。三菱重工長崎造船所で働いていた山口彊さん(故人)もそのひとり。被爆者への差別や偏見を背景に沈黙を続けてきたが、息子にがんで先立たれたのがきっかけとなり、語り部となった。国内外で若者たちに「核兵器をなくす力を貸してください」と訴え、2010年1月に胃がんで亡くなった。晩年に密着した映画が「二重被爆」だ。

(2012-04-11 朝日新聞 朝刊 長崎全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

二重被爆の関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省嶋清一ルーズベルトアバ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二重被爆の関連情報