コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂行久(1) にかいどう ゆきひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂行久(1) にかいどう-ゆきひさ

1205-1267* 鎌倉時代の武将。
元久2年生まれ。二階堂行村の子。二階堂行清の父。延応元年検非違使(けびいし)となり,寛元3年出家。建長元年から弘長(こうちょう)元年まで評定衆をつとめた。文永3年12月17日死去。62歳。通称は隠岐四郎左衛門尉。法名は行日。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二階堂行久(1)の関連キーワード稲毛重成畠山重保アカイア大公国アテネ公国畠山重忠サイバー犯罪後宇多天皇称名寺棊山賢仙吉川経光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android