コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐道甫(2代) いがらし どうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐道甫(2代) いがらし-どうほ

1635-1697 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
寛永12年生まれ。初代の養子で,幸阿弥(こうあみ)清三郎の弟。加賀金沢藩主前田家につかえ,初代とともに加賀蒔絵の隆盛につくした。弟子も代々金沢にすみ,五十嵐派は幕末までつがれたという。元禄(げんろく)10年6月24日死去。63歳。名は喜三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

五十嵐道甫(2代)の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)徳川家光ブラウエル石垣永将ファフル・ウッディーン2世スペイン演劇徳川家光五十嵐道甫(初代)嵐三右衛門江戸時代(年表)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android