コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五塩化リン(五塩化燐) ごえんかりんphosphorus pentachloride

世界大百科事典 第2版の解説

ごえんかりん【五塩化リン(五塩化燐) phosphorus pentachloride】

化学式PCl5。三塩化リンPCl3と,塩素を直接反応させると得られる。淡黄色の正方晶。融点167℃(919mmHg),昇華温度160℃,比重2.119(20℃)。二硫化炭素,四塩化炭素,塩化ベンゾイルに可溶。結晶状態では四面体形の[PCl4]と八面体形の[PCl6]のイオン性構造。気体では三方両錐形分子。四塩化炭素中では二つの八面体の稜を共有した二量体として存在する。気体にすると,100℃で数%,300℃以上では完全に三塩化リンと塩素に解離する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五塩化リン(五塩化燐)の関連キーワード塩化ベンゾイル二硫化炭素融点可溶

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android