五姓田芳柳(2代)(読み)ごせだ ほうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五姓田芳柳(2代) ごせだ-ほうりゅう

1864-1943 明治-昭和時代前期の洋画家。
元治(げんじ)元年8月7日生まれ。五姓田義松にまなび,初代芳柳(義松の父)の養子となる。明治美術会の創立会員。明治33年パリ万博出品の「猿曳図」で褒状をうけた。晩年は歴史・風俗画をえがく。昭和18年1月9日死去。80歳。下総(しもうさ)猿島郡沓掛村(茨城県)出身。旧姓は倉持。本名は子之吉(ねのきち)。作品に「枢密院憲法会議」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android