コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島 慶太 ゴトウ ケイタ

20世紀日本人名事典の解説

五島 慶太
ゴトウ ケイタ

大正・昭和期の実業家 東急グループ創立者;東京急行電鉄会長;運輸通信相。



生年
明治15(1882)年4月18日

没年
昭和34(1959)年8月14日

出生地
長野県小県郡青木村

旧姓(旧名)
小林

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔明治44年〕卒

経歴
農商務省を経て、大正2年鉄道院に入る。9年退官して、武蔵野鉄道(のち東京横浜電鉄)常務となる。11年目黒蒲田電鉄を設立し専務。昭和14年両社を合併し、さらに17年東京急行電鉄と改称。この間、池上電鉄、玉川電鉄、京浜電鉄など私鉄各社を買収・合併し、私鉄経営のナンバーワンとなる。19年には東条内閣の運輸通信相となり、戦後公職追放、26年解除。27年東急電鉄会長に就任。以来、交通を中心に百貨店、土地開発、レジャーランド、映画などを含む多角的事業体の東急グループの強化・発展に尽力、旺盛な事業拡張から“強盗慶太”の異名をとった。また五島美術館や東横学園、武蔵工業大学亜細亜大学などを設立する一方、茶器の蒐集家でもあり、茶道界の有力な後援者であった。著書に「事業をいかす人」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

五島 慶太
ゴトウ ケイタ


肩書
運輸通信相,東急グループ創立者,東京急行電鉄会長

旧名・旧姓
旧姓=小林

生年月日
明治15年4月18日

出生地
長野県小県郡青木村

学歴
東京帝大法科大学政治学科〔明治44年〕卒

経歴
農商務省を経て、大正2年鉄道院に入る。9年退官して、武蔵野鉄道(のち東京横浜電鉄)常務となる。11年目黒蒲田電鉄を設立し専務。昭和14年両社を合併し、さらに17年東京急行電鉄と改称。この間、池上電鉄、玉川電鉄、京浜電鉄など私鉄各社を買収・合併し、私鉄経営のナンバーワンとなる。19年には東条内閣の運輸通信相となり、戦後公職追放、26年解除。27年東急電鉄会長に就任。以来、交通を中心に百貨店、土地開発、レジャーランド、映画などを含む多角的事業体の東急グループの強化・発展に尽力、旺盛な事業拡張から“強盗慶太”の異名をとった。また五島美術館や東横学園、武蔵工業大学、亜細亜大学などを設立する一方、茶器の蒐集家でもあり、茶道界の有力な後援者であった。著書に「事業をいかす人」などがある。

趣味
茶道

没年月日
昭和34年8月14日

家族
長男=五島 昇(東急電鉄会長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

五島 慶太 (ごとう けいた)

生年月日:1882年4月18日
大正時代;昭和時代の実業家。東京急行電鉄会長;運輸通信相
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

五島 慶太の関連キーワード東京急行電鉄(株)東急不動産[株]早川徳次(1)大東急記念文庫堤 康次郎早川 徳次大川 博堤康次郎昭和時代利光鶴松秋山利郎田園都市五島慶太曾禰益五島昇大川博

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五島 慶太の関連情報