コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五族・五部 ごぞくごぶ

世界大百科事典 第2版の解説

ごぞくごぶ【五族・五部】

朝鮮古代の高句麗の王畿および地方の軍政・行政区画。五族は前1世紀ごろ鴨緑江の支流佟佳江流域にいた涓奴部,絶奴部,順奴部,灌奴部,桂婁部などの旧小国をいい,この五族を中心に連合して高句麗を形成し,それらの領域を王畿とした。五族の有力者たちが高句麗の貴族となり,王の廃立など国政を貴族会議で決定し,貴族はそれぞれ部内を統率し,私兵を擁していた。427年平壌に遷都すると,五族は内・東・西・南・北の五部,あるいは黄・前・後・左・右の五部と改称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五族・五部の関連キーワード内評・外評大対盧

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android