五明楼 玉輔(4代目)(読み)ゴメイロウ タマスケ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

五明楼 玉輔(4代目)
ゴメイロウ タマスケ


職業
落語家

本名
原 新左衛門

別名
初名=古今亭 志ん好,前名=古今亭 志ん多(新太),古今亭 今朝,五明楼 春輔

生年月日
安政4年 10月

経歴
徳川直参の旗本の家に生まれる。維新後は商人になるつもりで種々のことをやったが長続きせず、明治8年2代目古今亭志ん生に入門、志ん好と名乗る。翼9年西南戦争に従軍。3年の兵役を終えたのち、13年志ん多と改名。この頃から愛嬌ある風貌で“かっぱ”の志ん多とあだ名され人気を得る。25年頃今朝と改め、30年代の初め大阪へ出奔。三友派などに出演。38年五明楼春輔となり39年11月4代目玉輔を襲名する。晩年は「小言念仏」を十八番とし、柳家金語楼一派に属した。

没年月日
昭和10年 5月24日 (1935年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android