コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五明楼玉輔(初代) ごめいろう たますけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五明楼玉輔(初代) ごめいろう-たますけ

1803-1868 江戸時代後期の落語家。
享和3年生まれ。江戸の人。船遊亭扇幸,ついで初代金原亭(きんげんてい)馬生に入門,2代をつぐ。のち講釈師の桃林亭東玉(とうぎょく),戯作者の2代烏亭(うてい)(立川)焉馬(えんば)にも師事,立川玉輔を名のり,嘉永(かえい)5年五明楼にかえる。もっぱら「義士伝」を演じた。慶応4年5月30日死去。66歳。通称は津国屋長三郎。著作に「鬼笑福茶釜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

五明楼玉輔(初代)の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android