コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五条[市] ごじょう

世界大百科事典 第2版の解説

ごじょう【五条[市]】

奈良県中西部の市。西は和歌山県,大阪府と接する。1957年五条町,野原町と大阿太(おおあだ),南阿太,宇智,北宇智,牧野,阪合部の6村が合体,市制。59年には南宇智村を編入して旧宇智郡全域を市域とした。人口3万5734(1995)。北部は金剛山地,南部は吉野山地で,その中央部を吉野川(紀ノ川)が西流し,両岸には4~5段にわたる河岸段丘が見られる。この段丘上に載る旧五条町は古くから四方に交通路が通じる要衝の地で,街道町として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android