コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色ケ原の森

1件 の用語解説(五色ケ原の森の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五色ケ原の森

乗鞍岳ふもとの約3千ヘクタールの森林地帯。標高1350~1700メートルで大半が中部山岳国立公園に含まれ、ほぼ手つかずの自然を守りながら適切に自然資源を利用するため、10月末までガイド同伴でのみ有料で入山できる。滝巡りの「カモシカコース」(6.7キロ、8時間)と池巡りの「シラビソコース」(7.3キロ、8時間)があり、昨年、団体ツアー客専用のショートコース(4.4キロ、約4時間)を創設。全体の利用者は前年の3倍以上の9681人に増え、うち7271人がショートコースだった。市民は指定日に利用できる。

(2011-05-21 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五色ケ原の森の関連キーワードヘクタールロシアの森林火災人工林と間伐道南杉日本の森林海上の森県の森林整備とかながわ森林塾古賀市と都市計画区域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五色ケ原の森の関連情報