コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五輪の東京招致

1件 の用語解説(五輪の東京招致の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五輪の東京招致

前回知事選で、16年夏季五輪招致を公約にした石原慎太郎氏が3選。都などは招致活動を展開し、費用150億円のうち100億円を都税で負担した。だが、09年10月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で開催地はリオデジャネイロ(ブラジル)に決まった。同年12月、石原氏は20年五輪の招致に再挑戦する意向を表明。しかし、実際に招致活動をするかは「次の知事が決めること」と述べてきた。20年五輪について、IOCは9月1日に立候補都市の申請を締め切る。開催地は13年9月に決まる。

(2011-03-30 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五輪の東京招致の関連キーワード招致冬季五輪2016年夏季五輪コンパクト五輪ローカル・マニフェスト医療費無料化公職選挙法の改正燃料費の公費負担子どもの医療費無料化東京五輪招致

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五輪の東京招致の関連情報