コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五輪代表の選考方法

1件 の用語解説(五輪代表の選考方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五輪代表の選考方法

個人3種目(500、1000、1500メートル)について、9月の全日本距離別選手権と今回の全日本選手権で、各種目8位以上に得点が与えられる。1位が34点、2位21点、3位13点、4位8点、5位5点、6位3点、7位2点、8位1点。五輪出場枠「3」の男子は各種目の得点1位がそのまま代表に。2大会の合計点が並んだ場合はどちらかの大会でより得点を獲得した選手、全日本選手権の成績の順で優先される。枠「5」の女子は(1)各種目の得点1位(2)それ以外の選手で3種目合計点の上位者(3)最後の1人はリレーでの活躍が期待できる選手を金善台ヘッドコーチが推薦――で決まる。

(2009-12-19 朝日新聞 朝刊 スポーツ2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

五輪代表の選考方法の関連キーワード末法思想グライダー競技赤穂浪士一覧造血薬X線天体三千世界鹿児島(県)五五百歳倍速抵当権

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone