コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五輪代表の選考方法

1件 の用語解説(五輪代表の選考方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五輪代表の選考方法

個人3種目(500、1000、1500メートル)について、9月の全日本距離別選手権と今回の全日本選手権で、各種目8位以上に得点が与えられる。1位が34点、2位21点、3位13点、4位8点、5位5点、6位3点、7位2点、8位1点。五輪出場枠「3」の男子は各種目の得点1位がそのまま代表に。2大会の合計点が並んだ場合はどちらかの大会でより得点を獲得した選手、全日本選手権の成績の順で優先される。枠「5」の女子は(1)各種目の得点1位(2)それ以外の選手で3種目合計点の上位者(3)最後の1人はリレーでの活躍が期待できる選手を金善台ヘッドコーチが推薦――で決まる。

(2009-12-19 朝日新聞 朝刊 スポーツ2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五輪代表の選考方法の関連キーワード会子アルペン種目規定種目個人メドレー種目ノルディック種目複合競技海布INF

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone