コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五輪選手の最年長・最年少

1件 の用語解説(五輪選手の最年長・最年少の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五輪選手の最年長・最年少

日本オリンピック委員会(JOC)によると、日本の五輪出場最年長選手は88年ソウル夏季大会の馬術に出場した井上喜久子で63歳。最年少出場は36年ガルミッシュパルテンキルヘン(ドイツ)冬季大会のフィギュア稲田悦子で、12歳だった。日本の金メダリストとしては、84年ロサンゼルス大会射撃の蒲池猛夫が48歳で最年長。92年バルセロナ五輪の競泳で優勝した岩崎恭子が14歳で最年少。最多代表は冬4回、夏3回の7大会に出場した橋本聖子。夏だけだと、アーチェリーの山本博の5回が最多。射撃の蒲池、アーチェリーの松下和幹も5回代表に選ばれたが、1度は日本がボイコットしたモスクワ大会のため、実際には出場はできなかった。

(2006-01-13 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五輪選手の最年長・最年少の関連キーワードNOCオリンピック憲章国内オリンピック委員会ANOCオリンピックコングレス五輪候補都市の国内選考JOC褒賞金・JOC報奨金国際オリンピック委員会 (International Olympic Committee(IOC))国内オリンピック委員会 (National Olympic Committees)日本オリンピック委員会 (Japan Olympic Committee(JOC))

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone