コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五酸化二リン(五酸化二燐) ごさんかにりんdiphosphorus pentaoxide

1件 の用語解説(五酸化二リン(五酸化二燐)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごさんかにりん【五酸化二リン(五酸化二燐) diphosphorus pentaoxide】

慣用名は五酸化リン無水リン酸。化学式P2O5またはP4O10。リンを空気または酸素中で燃焼させると得られる。結晶化の方法によって3形態がある。リンの燃焼によって最初に得られるのは六方晶系であって,1気圧,360℃で昇華精製できる。高温では斜方晶系あるいは正方晶系を生ずる。白色の粉末。強吸湿性である。水に溶けてメタリン酸HPO3となり,さらに温水ではオルトリン酸H3PO4となる。六方晶系のものおよび気体では,リン原子は一つの正四面体の各頂点にあり六つの酸素が各稜上に位置し,残りの四つの酸素はその正四面体の軸上のリンの上にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone