コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五音・五韻 ごいん

大辞林 第三版の解説

ごいん【五音・五韻】

中国・日本の音楽の理論用語。音階や旋法の基本となる五つの音。各音は低い方から順に宮きゆう・商しよう・角かく・徴・羽と呼ばれ、基本型としては洋楽のドレミソラと同様の音程関係になる。五音ごおん。五声ごせい。 《五音》
音声の調子。ねいろ。また、こわね。 「 -を聞きて占ふ事分きて妙なり/浮世草子・好色万金丹」
五十音図の各行の五つの仮名によって表される音。ごおん。
中国の音韻学で、喉音・顎音・舌音・歯音・唇音の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五音・五韻の関連キーワード好色万金丹ドレミソラ五十音図浮世草子音韻学基本型旋法歯音五つ唇音舌音

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android