井上 大智(読み)イノウエ ダイチ

20世紀日本人名事典の解説

井上 大智
イノウエ ダイチ

昭和期の宗教家 少林窟道場主。



生年
明治35(1902)年1月23日

没年
昭和59(1984)年2月25日

出生地
山口県岩国

旧姓(旧名)
島田

別名
幼名=チエ

経歴
幼時から虚弱で、18歳の時には衝心脚気に悩んだため、禅の一派である少林窟道場の開祖・飯田〓陰に入門。のち師の勧めで同門の井上義光(のち第3代同道場主)と結婚し、28歳で出家した。入信以来、肋膜炎や仙骨カリエス・子宮ガンなど数々の難病を患いながらも坐禅に打ち込み、心の平安と仏教の神髄を体得したという。66歳で夫と死別後は第4代少林窟道場主となり、門下の指導に後半生を費やした。その宗教哲学は、宗旨にとらわれなず広汎かつ簡潔なもので、多くの人に支持された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android