井上 正夫(読み)イノウエ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

井上 正夫
イノウエ マサオ

明治〜昭和期の新派俳優



生年
明治14(1881)年6月15日

没年
昭和25(1950)年2月7日

出生地
愛媛県伊予郡砥部村(砥部町)

本名
小坂 勇一

別名
前名=小坂 幸二,井上 政夫

学歴〔年〕
尋常小卒

主な受賞名〔年〕
国民文芸会賞(第1回)

経歴
家出放浪の後、明治30年松山で敷島義団に入り、翌31年博多で酒井政俊一座に加わり、井上政夫の名で舞台に立つ。その後、高田実、村田正雄に引き立てられ、37年上京、38年真砂座の「女夫波」に出演、人気を得た。39年島崎藤村の「破戒」で伊井蓉峰に抜擢され、主人公丑松を演じた。40年伊井とともに新富座に移り井上正夫と改名。43年新時代劇協会を組織、有楽座でバーナード・ショーの「馬盗坊」を上演したが失敗、新派に戻り伊井らと大幹部となり、「酒中日記」「生命の冠」などで評判となる。大正9年渡米、帰国後「大尉の娘」が好評。12年ヨーロッパ巡遊、帰国して映画界にも進出、「大地は微笑む」「狂った一頁」などに出演し話題を集める。昭和11年芝に井上演劇道場を開き、新派と新劇の“中間演劇”を唱え、水谷八重子岡田嘉子、杉本良吉、村山知義らも参加、新進劇作家の北条秀司、八木隆一郎らの諸作を上演した。この時機の代表作に「断層」「北東の風」「地熱」「彦六大いに笑ふ」などがある。この道場は17年に解散。24年芸術院会員。著書に自伝「化け損ねた狸」。出身地の砥部町に井上正夫記念館がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

井上 正夫
イノウエ マサオ


職業
新派俳優

肩書
日本芸術院会員〔昭和24年〕

本名
小坂 勇一

別名
前名=小坂 幸二,井上 政夫

生年月日
明治14年 6月15日

出生地
愛媛県 伊予郡砥部村(砥部町)

学歴
尋常小卒

経歴
家出放浪の後、明治30年松山で敷島義団に入り、翌31年博多で酒井政俊一座に加わり、井上政夫の名で舞台に立つ。その後、高田実、村田正雄に引き立てられ、37年上京、38年真砂座の「女夫波」に出演、人気を得た。39年島崎藤村の「破戒」で伊井蓉峰に抜擢され、主人公丑松を演じた。40年伊井とともに新富座に移り井上正夫と改名。43年新時代劇協会を組織、有楽座でバーナード・ショーの「馬盗坊」を上演したが失敗、新派に戻り伊井らと大幹部となり、「酒中日記」「生命の冠」などで評判となる。大正9年渡米、帰国後「大尉の娘」が好評。12年ヨーロッパ巡遊、帰国して映画界にも進出、「大地は微笑む」「狂った一頁」などに出演し話題を集める。昭和11年芝に井上演劇道場を開き、新派と新劇の“中間演劇”を唱え、水谷八重子、岡田嘉子、杉本良吉、村山知義らも参加、新進劇作家の北条秀司、八木隆一郎らの諸作を上演した。この時機の代表作に「断層」「北東の風」「地熱」「彦六大いに笑ふ」などがある。この道場は17年に解散。24年芸術院会員。著書に自伝「化け損ねた狸」。出身地の砥部町に井上正夫記念館がある。

受賞
国民文芸会賞(第1回)

没年月日
昭和25年 2月7日 (1950年)

伝記
女優二代―鈴木光枝と佐々木愛一女優の歩み―井上正夫・村山知義・薄田研二の時代みごとな幕切れふり蛙―新国劇70年あれこれ私が演じた女の生き方 大笹 吉雄 著内田 礼子 著戸板 康二 著島田 正吾 著鈴木 光枝 著(発行元 集英社影書房三月書房朝日新聞社ささら書房 ’07’93’90’88’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

井上 正夫 (いのうえ まさお)

生年月日:1881年6月15日
明治時代-昭和時代の俳優
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上 正夫の関連情報