井上 角五郎(読み)イノウエ カクゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の実業家,政治家 日本製鋼所創立者;北海道炭礦鉄道専務;衆院議員(政友本党)。



生年
万延1年10月(1860年)

没年
昭和13(1938)年9月23日

出生地
広島県深安郡

学歴〔年〕
慶応義塾〔明治15年〕

経歴
明治15年朝鮮政府顧問となり、甲申政変後の19年帰国。20年渡米。21年帰国して後藤象二郎らの大同団結運動に参加、大同新聞の記者となった。23年第1回衆議院選挙で当選、以後13回当選。26年北海道炭礦鉄道に入り32年専務、39年北海道人造肥料社長となり40年日本製鋼所を設立会長となった。大正5年京都電気鉄道会長、6年日東製鋼会長、8年日本ペイント会長など各社の社長、会長を歴任した。多くの炭鉱や鉄道の開発・整備に辣腕をふるい、“の角さん”と呼ばれた名物男だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
衆院議員(政友本党),日本製鋼所創立者,北海道炭礦鉄道専務

生年月日
万延1年10月(1860年)

出生地
広島県深安郡

学歴
慶応義塾〔明治15年〕卒

経歴
明治15年朝鮮政府顧問となり、甲申政変後の19年帰国。20年渡米。21年帰国して後藤象二郎らの大同団結運動に参加、大同新聞の記者となった。23年第1回衆議院選挙で当選、以後13回当選。26年北海道炭礦鉄道に入り32年専務、39年北海道人造肥料社長となり40年日本製鋼所を設立、会長となった。大正5年京都電気鉄道会長、6年日東製鋼会長、8年日本ペイント会長など各社の社長、会長を歴任した。多くの炭鉱や鉄道の開発・整備に辣腕をふるい、“井の角さん”と呼ばれた名物男だった。

没年月日
昭和13年9月23日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android