井上 金太郎(読み)イノウエ キンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

井上 金太郎
イノウエ キンタロウ

大正・昭和期の映画監督



生年
明治34(1901)年10月15日

没年
昭和29(1954)年1月29日

出生地
東京・深川

経歴
大正9年谷崎潤一郎が大正活映の顧問となり、その時の俳優募集に合格。10年谷崎がシナリオを書いた栗原トーマス監督の「蛇性の淫」に脇役出演。同年京都撮影所に移り、マキノ教育映画「一太郎やあい」で主役。主役出演数本で監督に転じ、14年阪妻プロで「異人娘と武士」を作り話題となった。15年月形龍之介主演の「転落」、昭和2年月形主演の「道中秘話」、ともに優れた時代劇に数えられた。これは内田吐夢が中国から帰国して戦後第1作とした「血槍富士」の原作。4年月形プロで「剣士沖田総司」、千恵蔵プロで「宮本武蔵」、12年松竹下加茂で「やらずの雨」、17年松竹大船「すみだ川」、戦後23年松竹京都で「かりそめの恋」などを作った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android