コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上八千代(1世) いのうえやちよ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上八千代(1世)
いのうえやちよ[いっせい]

[生]明和4(1767)
[没]安政1(1854).12.5.
日本舞踊,京舞井上流家元。本名井上サト。儒者の兄敬助に養育され,また幼少より舞を習う。天明2 (1782) 年近衛家奉公に上がり,のちに舞を指南するようになった。寛政9 (1797) 年近衛家を辞し,一流を樹立。なお,八千代の名は近衛家から賜った「玉椿の八千代をかけて」の言葉に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

井上八千代(1世)の関連キーワード日本舞踊安政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android