コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上八千代(4代) いのうえ やちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上八千代(4代) いのうえ-やちよ

1905-2004 大正-平成時代の日本舞踊家。
明治38年5月14日生まれ。能楽シテ方観世流の片山博通(8代片山九郎右衛門)の妻。片山幽雪(9代片山九郎右衛門)の母。明治41年3代井上八千代に入門,のち内弟子となる。京舞井上流古格をまもり,昭和22年4代井上八千代を襲名。一点一画ゆるぎのない品位のたかい芸境をきずいた。27年芸術院賞。30年人間国宝,32年芸術院会員,平成2年文化勲章。12年家元をしりぞく。平成16年3月19日死去。98歳。京都府出身。本名は片山愛子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上八千代(4代)の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ICタグスマトラ島沖地震・津波[各個指定]工芸技術部門イメルダ スタウントンバリー ボンズ小泉純一郎内閣崔洋一

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android