井尻 正二(読み)イジリ ショウジ

20世紀日本人名事典の解説

井尻 正二
イジリ ショウジ

昭和期の古生物学者,科学作家



生年
大正2(1913)年6月26日

没年
平成11(1999)年12月1日

出生地
北海道小樽市

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部地質学科〔昭和11年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和38年〕

主な受賞名〔年〕
朝日学術奨励賞〔昭和26年〕,サンケイ児童出版文化賞(第8回)〔昭和36年〕「地球のすがた」

経歴
日本の化石研究の第一人者。国立科学博物館、地震研究所等勤務、地学団体研究会の創設参画などを経て、昭和38年東京経済大学教授。44年退職し、以後著述に専念。37年長野県野尻湖で地元住民が古代のナウマン象化石を発見したのをきっかけに、発掘作業を指揮し旧石器時代の人類の生活環境などを明らかにした。著書に「古生物学論」「科学論」「弁証法をどう学ぶか」などのほか「井尻正二選集」(全10巻 大月書店)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

井尻 正二 (いじり しょうじ)

生年月日:1913年6月26日
昭和時代の古生物学者;科学作家。東京経済大学教授
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android