井川 洗厓(読み)イガワ センガイ

20世紀日本人名事典の解説

井川 洗厓
イガワ センガイ

明治〜昭和期の日本画家,挿絵画家



生年
明治9年5月1日(1876年)

没年
昭和36(1961)年10月13日

出生地
岐阜市

本名
井川 常三郎

経歴
富岡永洗に師事し、日露戦争で応召して帰還後、都新聞社に入社。新聞小説の挿絵を担当し、中里介山「大菩薩峠」が代表作となる。また「講談倶楽部」「キング」「冨士」などにも執筆した。昭和13年以降は挿絵の仕事から離れ、もっぱら美人画を描いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android