井戸 泰(読み)イド ユタカ

20世紀日本人名事典の解説

井戸 泰
イド ユタカ

明治・大正期の医学者 九州帝国大学医科大学教授。



生年
明治14(1881)年9月8日

没年
大正8(1919)年5月3日

出生地
岡山県勝北郡荒内西村(現・奈義町)

学歴〔年〕
福岡医科大学〔明治41年〕卒

学位〔年〕
医学博士(九州大学)〔大正8年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院恩賜賞〔大正5年〕「黄疸出血性スピロヘータ病に関する研究」

経歴
福岡医科大学副手となり、第1内科教室に勤務、稲田龍吉に師事した。大正4年稲田との共同研究によりワイル病の病原体スピロヘータを発見、出血性黄疸もこの病原体により発病することを証明した。5年助教授を経て、7年東京帝大医科大学助教授、同年九州帝大医科大学教授に就任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

井戸 泰 (いど やすし)

生年月日:1881年9月8日
明治時代;大正時代の医学者
1919年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android