コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井村常山 いむら じょうざん

1件 の用語解説(井村常山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

井村常山

幕末・明治の南画家・常陸根本寺の住職。三河生(江戸生とも)。名は貫一、法名は空潭。還俗して、名古屋で清人若波につき南画を学ぶ。書は顔真卿を能くし、行書にすぐれる。愛知県知事官房に務め官職にあった。文展入選。大正14年(1925)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井村常山の関連キーワード丹鶴舟鉄操長坂雲在羽田子雲平尾竹霞丸山大塊安田鴨波神田朔山院代根本寺

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone