井村常山(読み)いむら じょうざん

美術人名辞典の解説

井村常山

幕末・明治の南画家・常陸根本寺の住職。三河生(江戸生とも)。名は貫一、法名は空潭。還俗して、名古屋で清人若波につき南画を学ぶ。書は顔真卿を能くし、行書にすぐれる。愛知県知事官房に務め官職にあった。文展入選。大正14年(1925)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android