井深 大(読み)イブカ マサル

20世紀日本人名事典の解説

井深 大
イブカ マサル

昭和・平成期の実業家,電子工学者 ソニー創業者;ソニー教育振興財団理事長。



生年
明治41(1908)年4月11日

没年
平成9(1997)年12月19日

出生地
栃木県日光市

出身地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
早稲田大学理工学部電気工学科〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
パリ博覧会優秀発明賞,藍綬褒章〔昭和35年〕,勲一等瑞宝章〔昭和53年〕,アスペン人文研究所人文技術賞(米国)〔昭和56年〕,スウェーデン勲一等北極星章〔昭和61年〕,勲一等旭日大綬章〔昭和61年〕,エドアルド・ライン・リング(西ドイツ)〔昭和61年〕,経営科学化有功章〔昭和61年〕,土川元夫賞〔昭和63年〕,文化功労者〔平成1年〕,早稲田大学校賓〔平成3年〕,文化勲章〔平成4年〕,財界賞特別賞(第37回)〔平成4年〕,東京都名誉都民〔平成5年〕

経歴
大学在学中に「光るネオン」を発明、パリ博覧会で優秀発明賞を受賞。PCL(写真化学研究所・のちの東宝映画)、日本光音工業を経て、昭和15年日本測定器を設立し常務、この頃盛田昭夫と知り合う。20年8人のメンバーで東京通信研究所を発足、コンバータで当てて21年東京通信工業を設立して専務、25年社長。日本初のテープレコーダー、同じく日本初のトランジスタ・ラジオ、トランジスタVTRなど電気機器の生産に乗り出し、33年社名をソニーと変更、トランジスタ・ラジオ、テレビで世界的企業に成長させた。46年会長、51年名誉会長に退く。技術者型創業経営者。また、34年小学校理科教育振興資金制度を設けて以来、早期教育・幼児教育問題にも熱心で、43年幼児開発協会を設立、理事長に就任。平成4年文化勲章受章。6年11月ソニー・ファウンダー・最高相談役となる。著書に「幼稚園では遅すぎる」「子育て母育て」などがある。没後の10年大学生のための井深大記念奨学基金が設立される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

井深 大 (いぶか まさる)

生年月日:1908年4月11日
昭和時代;平成時代の実業家;電子工学者。ソニー社長;ソニー教育振興財団理事長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井深 大の関連情報