コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井筒屋庄兵衛(2代) いづつや しょうべえ

1件 の用語解説(井筒屋庄兵衛(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井筒屋庄兵衛(2代) いづつや-しょうべえ

?-? 江戸時代前期の版元。
京都の人。元禄(げんろく)11年(1698)橘屋(たちばなや)治兵衛とともに俳諧(はいかい)選集「続猿蓑(さるみの)」を刊行した。みずからも俳諧をたしなみ,「初蝉」に句がのっている。名は重晴。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井筒屋庄兵衛(2代)の関連キーワード定道伊豆則常井筒屋庄兵衛(3代)井筒屋庄兵衛(4代)井筒屋庄兵衛(5代)小川多左衛門釜屋又兵衛素松堂道意(3)春政